中井製茶場

 

商品カテゴリ

コンテンツ

 

 

メール会員登録

 

HOME»  会社概要»  施設案内

施設案内

和束町

 

和束町は長い間、京都の茶業の中心地・宇治への茶農家の集積地として存在したため一般にその名前は知られていません。 和束茶の歴史は鎌倉時代に、国宝の三重塔で知られる古利「海主仙寺」の高僧慈心上人が和束町の鷲峰山に栽培したのが始まりです。

 

中井製茶場は美しい茶畑を
元禄の時代から350年7代にわたって
守り続けて、現在困難な
有機無農薬栽培に挑戦中です。

 

中井製茶場

 

和束町で350年の歴史を経て今中井製茶場は新しい話題に挑戦中です。有機無農薬栽培への転換は、数年間生産量が三割にまで激減するという困難を乗り越えて 環境を傷つけない飲む人に優しい有機無農薬栽培茶「有無」の生産拡大に取り組んでいます。

 

丁寧に育てた安全な茶葉を
風味を生かして加工したい。
美味しいお茶をお届けするための
設備の近代化です

 

中井製茶場の有機無農薬栽培

 

中井製茶場の有機無農薬栽培への挑戦はさらに上を目指します。
困難な条件をクリアして栽培した作業を、風味を損なうことのないよう素早く清潔に加工し、丁寧に保存する・・・。 生産設備の近代化と拡大は必然の取り組みです。

 

もっと良いお茶を世の中に届けたい。
ベテランから若者まで
世代を超えたひとつの気持ちが
中井製茶場の財産です。

 

年に2回の収穫期

 

製茶業は季節によって忙しさが大きく変化・・・。 中井製茶場も年に2回の収穫期にはたくさんの若者が集まり、 額に汗する急斜面での重労働を引き受けてくれます。 いつも同じ顔ぶれでこだわりのある有機無農薬栽培茶「有無」を守っています。